独占:パリの影響についてのメゾンキツネの黒木正哉

標準ボディコンテンツ '>
ハッピークロキ バスティアン・ラタンツィオ

写真:バスティアン・ラタンツィオ

MaisonKitsunéの共同創設者である黒木正哉とGildasLoaëcは、パリでファッションブランドと音楽レーベルを作ることを思いついたとき、ダフトパンクの友人たちと一緒に日本をツアーしていました。 10年後、彼らの野心的なプロジェクトは完全に成長したビジネスに変わり、キツネハウス14今週のコンピレーションは、10周年を迎えます。マイルストーンリリースでは、トゥードアシネマクラブやシチズンズ!などのレーベルで最も成功したバンドのシングルや、エキサイティングな新人が集まります。



現代のエレクトロニックミュージックのパイオニアとして知られるこのレーベルは、音楽に対して前向きなアプローチを取っています。一方、キツネのファッション面はかなりクラシックで、ベーシックなデザインと素晴らしい生地を組み合わせた時代を超越した作品を目指しています。代表

パリの洗練された雰囲気の中で、控えめでエレガントな旗艦店は、パレロワイヤル地区の最高の秘密の1つであるように感じます。

パリのライフスタイルを一度に1店舗ずつ世界中に広めたメゾンキツネは、昨年春、NoMad Hotelにニューヨーク店をオープンし、大西洋を横断する最初のベンチャーに乗り出しました。次は、2013年2月に予定されている東京の青山エリアにある日本のプレミアストアです。

ELLE.comは、MaisonKitsunéの背後にいるデュオの日本のクリエイティブな半分と、過去10年間の作成と将来の計画について話し合いました。

彼女:キツネの哲学は何ですか?

ハッピー黒木:私たちは常に次のことを考え、編み物や仕立てなど、古くからある製造ノウハウを更新しています。私たちがヌーボークラシックであるとしましょう。私たちの主な哲学は時代を超越することを目指すことです。

彼女:当初からパリ、ニューヨーク、東京の順でオープンする予定でしたか?

MK:東京は私の出身地、パリは私が住んでいる場所、そしてニューヨークは私がいつも行きたい場所です。彼らは私の世界で一番好きな3つの都市です。 2号店は東京にあるはずだったのですが、311が東京に大きな打撃を与え、当時の日本経済全体が落ち込みました。そこで、オープニングを遅らせて、代わりにニューヨークに行きました。これが私たちの強みの1つです。私たちは独立した会社であるため、柔軟に計画を変更できます。私は実際に東京にいて、2013年2月に青山エリアにオープンする予定の新店舗のデザインと作業を行っています。

彼女:他の都市に出店するときは、パリの精神を維持しようとしていますか?

MK:はい。私たちにとって、環境、インスピレーション、味を表現し、お客様にストーリーを伝えることは非常に重要です。私にとって、パリは世界で最も美しい場所です。パリの規模、オスマン様式の建物、中庭が大好きです。街は私の仕事に大きな刺激を与えてくれます。大理石で成形されたフローリングなど、さまざまな伝統的な素材のバランスをとることで、常にパリの時代を超えたエレガンスを店内に作り出そうとしています。建築を勉強したので、すべての店舗をデザインしました。

彼女:コラボレーションはキツネのアイデンティティの重要な部分ですか?誰とコラボレーションしたいと思いますか?

MK:私たちがオープンマインドを持っていることをお客様に示すことが重要です。夢のようにジャン・プルーヴェとコラボしたいです!

彼女:来シーズンのムードボードに写真をピン留めする場合、誰または何がそのムードボードに登場しますか?

MK:現在、私はアメリカの西海岸の文化にますます魅了されていると感じています。大通りのヤシの木、大型のオープンカー、カラフルなファーストフード、大きな水平の風景、海辺などです。

彼女:10年後のメゾンキツネをどう思いますか?

MK:やりたいプロジェクトはたくさんあります。ホテルメゾンキツネは世界中のどこかにあります。それは美しい田園地帯にあるかもしれませんが、大都市にもあるかもしれません。また、いつかロサンゼルスにクールなメゾンキツネカフェをオープンしたいと思っています。

ハッピークロキ バスティアン・ラタンツィオ

黒木正也とギルダス・ロアック。写真:バスティアン・ラタンツィオ

ハッピークロキ バスティアン・ラタンツィオ

GildasLoaëc;写真:バスティアン・ラタンツィオ

ハッピークロキ バスティアン・ラタンツィオ

写真:Cyrille Robin